おかみの日々徒然

新橋 有薫酒蔵 おかみのブログ
<< 「駅のスタンプ」のこと | main | おかみのピエロコレクション >>
台湾のこと

ちょうど虫垂炎で入院していた時に NHKで

台湾で新幹線が開通した時のドラマを放送していて

大分昔の話ですが 台湾の出来ごとを いろいろ思い出しました。

 

まだ子供たちが小さかった 40年くらい前、

台湾から香港へ旅行したことがあります。

旅行社の人から勧められて「行ってみようか・・・」

みたいな家族旅行だったのですが

湖南料理という薄めの味のお料理が気に入って

すっかり台湾のファンになりました。

 

その後 20人ほどの友人と台湾に行こうということになりました。

それが1995年だったとはっきり憶えているのは

日本でサリン事件(この名前は後でついたものです)が起きたことを

その日の朝 台湾のホテルで知ったからです。

仲間の中には 東京にいれば通勤する時間だったので

乗っていたかもしれないと言った人もありました。

 

その日は 太魯閣(タロコ)という有名な観光地に行くことになっており

花蓮(カレン)という場所まで 飛行機に乗りました。

 

そのころの台湾は 汽車が走っておらず

どこに行くにも プロペラの飛行機でしたが、

うちの団体だけで満員のような小さいもので

まるでオンボロバスが飛んでいるみたいでした。

 

15年ほど前に 作家の向田邦子さんが事故死されたことがあって

「これと同じ飛行機が落ちて この辺で亡くなられたんだよ」などと

人の気持ちも考えずに 博識ぶりを披露する人がいて

そのことを知っていた人も みんな し〜んとしてしまいました。

 

プロペラのパタパタという 今にも止まりそうな頼りない音がして

すぐ手が届きそうなところに海があって

40分間くらいでしたが「早く着かないか・・・」と全員が思い

私などは「帰りもこれに乗るしか無いのかしらん・・・」と思い

楽しかった気持ちはどこへやら、絶望的になってしまって

配られた 小さい紙パックのジュースを握りしめながら

着くまで誰もしゃべらなかったことを思い出しました。

 

花蓮の売店で この人形をみつけました。

結婚式の伝統的な衣装を着ています。

 

興味深そうにながめている私を見て

私と同じくらいの年恰好の売店の女性が

「これエンギいいネ。いいことあるヨ!」

「えー、ほんとにいいことあるの?」

もしかしたら これを持っていれば 無事に帰れるかも!

 

神様仏様という思いで とびつくように買ったので

いくら払ったか全然憶えていませんが

よくよく見れば かわいい顔をしています。

 

その後はずっと 居間の人形棚に並んで25年。

毎年サリンのニュースがあるたびに この日を思い出すのです。

 

因みにこの人形の背丈は11.5cm・樹脂製で、重たいです。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 17:44 | comments(3) | - | ↑TOP
実はわたしもそのドラマを見ました。
原作小説のファンなのです。

地下鉄サリン事件の当日は台湾にいらっしゃったのですね。
旅行中のため事件に遭わずにすんだご友人は、ニュースを知ってさぞ驚かれたことでしょう。

可愛らしいお人形ですね!
新郎の後頭部についている飾りが気になります。とても重そう、、
きっとこのお人形が帰り道の安全を守ってくれたのですね。
| せな | 2020/06/27 11:14 PM |

命がけの台湾旅行だったのですね。
新郎新婦のお人形さんの幸せいっぱいの顔が
可愛いです。
私もやっぱりこのお人形が女将さん達を守ってくれたんだと思います。
| 黒猫ワグちゃん | 2020/06/30 6:57 PM |

私も台湾が好きです。
食事も何食べても美味しいですが、市場で食べた水餃子が一番好きだったなぁ。台湾、また行きたいです〜。
| 後藤裕美 | 2020/07/03 11:35 AM |










sun mon tue wed thr fri sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>