おかみの日々徒然

新橋 有薫酒蔵 おかみのブログ
<< 布地屋さんを さがしました。 | main | パリに戻ります >>
青木繁 海の幸記念館へ行きませんか

ちょっと パリの話を中断して ご案内をします。

 

千葉県館山市の南端の町の布良(メラ)にある

100年ほど前に 青木繁が「海の幸」を描いた家が

いろいろな方々のお力を借りて 記念館になってから

丸一年が過ぎました。

 

この連休を利用して 記念行事をなさるときいたので

来館して下さった方々に お礼の気持ちを込めて

娘がデザインしたグラスを差し上げてほしいと申し出たところ

館長の小谷さんが とても喜んで下さり

私の蒐集したピエロ人形の一部を

そこに飾らせていただけることになりました。

 

違和感があるのではと 心配になりましたが

たまたま板の間にあった陳列棚に飾ってみると

これもありかなと思える空間が出来上がりました。

20年ぶりに陽の目を見た 20体のピエロたちが

のびのびと嬉しそうに そこに納まっているのを見て、

なにやらホッとした私でした。

 

こちらのよせがきノートに 遺族としてお礼を書きましたら

館長さんが 拡大コピーのパネルにして 壁にかけて下さり

赤いリボンで飾っていただいて けっこうはずかしいですが

100年ばかり前に 青木たちがどのくらい小谷家のお世話になったか

そのおかげがあって 名作海の幸が出来上がったということなので

すなおな気持ちでお礼を書いたものでした。

よかったら 読んで下さい。

 

きのうは娘と孫たちをつれて行き、

青木が海の幸をイメージした砂浜を一緒に歩きました。

100年たっても何も変わらない太平洋の

荒波と戯れて大喜びしている孫たちを見て、

100年という歴史が 長いような短いような

不思議な気持ちになりました。

 

この風景は青木の「海景」という作品に似ています。

 

青木繁「海の幸」記念碑です。

 

さて 皆さん!

布良に行ってみませんか。

バスタ新宿から「館山行き」のバスで約2時間。

片道2500円です。

 

館山駅

 

駅前の中村屋での朝食がおすすめです。

1人前360円でコーヒー付き、

スープはおいしいので足しました(+200円)

モーニングサービスは 12:00PMまでなのです。

 

ここから「自然安房村」行きのバスで15分、

400円くらいです。

バス停のすぐそばに 記念館があります。

入場料は200円。

 

青木繁、たね、坂本繁二郎、森田恒友という

はたちをすぎたばかりの画学生の4人が、

2ヶ月もの間 過ごさせていただいた部屋です。

 

お庭でおいしい”ところてん”が食べられます。

会期中は お花も野菜も売っています。

 

通常は 土曜日曜のみの開館で、

小谷館長ご夫妻の丁寧な説明があります。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 14:37 | comments(1) | - | ↑TOP
青木繁「海の幸」記念館 行ってきましたよ〜
今年2月に行った時は休館日で残念な思いをしましたが今回は館長の小谷氏が直々に丁寧なご説明と共に案内して下さり幸せでした。
記念館を通して布良の町おこしを企画しておられるそうで地元の方々もたくさん参加され賑わっていました。
ピエロたちも古民家に馴染んでホットする空間を演出し素敵でした。私は可愛いグラスをゲットでき大満足です!



| 黒猫ワグちゃん | 2017/05/06 3:05 PM |










sun mon tue wed thr fri sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>