おかみの日々徒然

新橋 有薫酒蔵 おかみのブログ
<< サン・ジェルマン・デ・プレ界隈 | main | 青木繁 海の幸記念館へ行きませんか >>
布地屋さんを さがしました。

私の親友に ワンピースを作ってもらうことになっていて

せっかくなら パリで布地をさがしてくればということになり

パリに40年住んでいる エマさんに案内してもらいました。

 

布地を売っている店は 昔は多かったらしいですが

今は洋服を仕立てる人が減っているため

布地を専門に売っている店は 殆ど無くなったようで

エマさんの記憶を頼りに タクシーであちこちたずねたら

ついにありました!

ブティックのように見えますが 布地屋さんです。

 

日本でも布地屋に行ったことが無い私は 感動しましたが、

布地は結構お高いものなんですね。

ユーロを換算しながらビックリ!

 

幅はすべて 1メートル40センチです。

友人から1着につき4メートルと言われているので、

薄手のものと 厚手のものと 2着分買いました。

 

いつか出来上がって着ることがあったら 写真にしますネ。

 

次はボタンです。

ここは有名な店のようで

びっしり飾られたボタンに 圧倒されました。

 

「ミナコさーん」とあちこちから呼ばれて

相談にのっている女性は 日本の人で ここに7年いるそうです。

ボタンは 7個必要といわれているので、

布地を見せて デザインを話すと 的確に選んでくれました。

ミナコさんは大人気の ボタンのプロです。

 

厚手の生地を買ったので 着られるのはまだ先のことですが、

パリで買ったと思うと 考えただけでうれしくなります。

 

ホテル アベイの前にある 帽子屋さん。

たまたま止まっていたのでしょうが、

ピンクの車が まぁなんとおしゃれなこと。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 16:09 | comments(1) | - | ↑TOP
パリの布地屋さんの店内、凄い数ですね。
どれにするか本当に迷ってしまいますね。
布地の次はボタン。ボタンのプロがいるなんてびっくりしましたがセンスを問われるお仕事ですね。
既製服が少なく近所のおばさんに仕立てて貰っていた昔を懐かしく思い出しました。
結婚後は既製服専門の私ですので女将さんのパリで買った生地とボタンで作るワンピース、どんなんかなぁ〜とすーんごく楽しみです。アップを楽しみに待っていまーす!
| 黒猫ワグちゃん | 2017/04/30 4:38 PM |










sun mon tue wed thr fri sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>