おかみの日々徒然

新橋 有薫酒蔵 おかみのブログ
<< おかみの美術館めぐり その3   相国寺承天閣美術館 (京都市上京区) | main | おかみの ごあいさつ >>
おかみの美術館めぐり その4   ジャン・コクトー美術館 (フランス)

パリから 南へ1時間半くらいのところに
ミイ・ラ・フォレ(MILLY-LA-FORET)という
人口5000人の 小さな町があります。

詩人のジャン・コクトーが 1963年に 74才で亡くなるまで
住んでいた家が 去年の2010年6月に 美術館になりました。

ジャン・コクトー美術館 ( MUSÉE JEAN COCTEAU ) です。

この路地のつき当たりが 美術館です。


ここが入口です。
入場料は 7ユーロ (800円くらい)、65才以上は6ユーロです。


ジャン・コクトーが 死ぬまで愛した部屋。


左の入口から出て 庭を散歩するのが 日課だったとか。


広々とした庭は まるで 絵のようです。
まだ人に知られてないようで 来館者も少なく
お庭もゆっくり見ることができました。




うれしいことに ここは撮影可能です。

ビュッフェの描いた ジャン・コクトー


アンディ・ウォホールの描いた ジャン・コクトー


階段の 明かり取りの窓も オシャレです。


「 私の耳は貝の殻、海の響きを懐かしむ 」
これは 私が中学生のころに 大好きだった
ジャン・コクトーの詩です。
半世紀たっても 古さを感じません。

芸術家のジャン・コクトーは いろいろな分野で活躍しました。
詩人・小説家・劇作家・評論家・画家・映画監督・脚本家
本人が一番望んだのは 詩人と呼ばれることだったとか。

ぜひ 一度 訪れてみて下さい。

ポストカードを 数枚買ってきました。
(A)

(B)

AとBと それぞれ3枚ずつしかありませんが
ブログを読んで下さっている方に
1枚ずつプレゼントしたいと思います。

ご希望の方は
yukun_okami@yahoo.co.jp
まで 「 ポストカード希望 」 と メールして下さいね。

お待ちしています。

| おかみ | おかみの美術館めぐり | 01:00 | comments(0) | - | ↑TOP









sun mon tue wed thr fri sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>