おかみの日々徒然

新橋 有薫酒蔵 おかみのブログ
<< 柳町の七夕まつり | main | おかみの美術館めぐり その3   相国寺承天閣美術館 (京都市上京区) >>
おかみの美術館めぐり その2   京都国立近代美術館 (京都市左京区)

5月27日(金) から 7月10日(日)まで
京都国立近代美術館青木繁展がありました。

久留米の石橋美術館で開催されていたものと同じ
「没後100年 よみがえる神話と芸術」 という 記念展です。

関西で はじめての回顧展だそうなので
この会場を見たくなって 最終日に やって来ました。

ここは かの有名な 平安神社の鳥居のそばにあり
木立の向こうに見えるのは 京都市美術館です。


これが 京都国立近代美術館の新館で 1986年に竣工。
今回の入場料は 1200円です。




中は とても広々としていて 空間がシャープです。
余分な飾りの無い まっ白な建物の中では
人間の動きが まるで絵のように見えます。




会場へのエントランスも おしゃれです。


ここで お茶を飲みました。
サンドイッチの種類がいろいろあって
とても おいしかったです。


青木繁展は 次の会場の東京へ。

7月17日(日)から9月4日(日)まで
京橋の ブリヂストン美術館で 開催されています。

今度は近いので 何回でも行けると思うと
なんだかとても うれしいです。

| おかみ | おかみの美術館めぐり | 16:30 | comments(1) | - | ↑TOP
24日、青木繁展をみました。

代表的な絵しかしらなかったのですが、習作やスケッチなどもふくめ、作品が年代をおって展示されていたので、青木繁の生涯をみることができました。

すばらしい没後100年展です。

神話に題材をとった時代は、日清・日露戦争をたたかい高揚する日本と、彼の制作意欲のたかまりとが重なった、しあわせな時だったのですね。

京都国立近代美術館は、気に入ってるところです。最上階の窓からみると平安神宮の朱の大鳥居がまず目に入るのがおもしろい。この展覧会も京都でみるつもりだったのですが、気がついたら東京にきていました。

| kei | 2011/07/25 1:03 PM |










sun mon tue wed thr fri sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>