おかみの日々徒然

新橋 有薫酒蔵 おかみのブログ
<< おかみの美術館めぐり その2   京都国立近代美術館 (京都市左京区) | main | おかみの美術館めぐり その4   ジャン・コクトー美術館 (フランス) >>
おかみの美術館めぐり その3   相国寺承天閣美術館 (京都市上京区)

京都に来たついでに 京都御所のすぐそばにある
相国寺承天閣美術館で開催されている
ハンブルグ浮世絵コレクション展を 観に行きました。

これが 大本山相国寺の入口です。が
この看板の方が 景観を破壊しているように見えるので
もうちょっと 違う場所に移動した方が良いかも・・・。


このお寺は とても広く 美術館まで しばらく歩きます。
これは 重要文化財の法堂。


この浮世絵の看板があってから まだ歩きます。


つき当たりの建物が 相国寺承天閣美術館です。


ここが入口です。


美術館の中の 絵のように美しい 休憩所です。


1877年にできた ハンブルグ美術工芸美術館には
ヨーロッパの美術工芸を中心に
100万点という収蔵品があって
その中の 5000点は 浮世絵なのだそうです。

今回は その中から 200点を展示しているそうで
前期と後期に分けて 展示されていますが
後期は 7月23日から9月11日まで
開催されるそうなので 観に行ってみませんか。
入場料は1000円です。

絵ハガキを買いました。
歌川広重 「木曽海道六捨九次之内  須原」


歌川国芳 「山海愛度図会 ヲ>いたい 越中滑川大蛸」

| おかみ | おかみの美術館めぐり | 15:11 | comments(0) | - | ↑TOP









sun mon tue wed thr fri sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>