おかみの日々徒然

新橋 有薫酒蔵 おかみのブログ
パリに戻ります

「東京ーパリ

 ブリヂストン美術館の名品ー石橋財団コレクション展」

という やや長い名前の展示が 4月5日、

パリのオランジュリー美術館で開催されました。

 

この美術館は とても小さいですが 国立の美術館で、

コンコルド広場にあります。

 

ここはコンコルド広場で 向こうにエッフェル塔が見えます。

 

最近 ここに移動式の大きな観覧車ができて

パリっ子のあいだでは 眉をひそめる人も多いのだとか。

 

あの長い名前の看板です。

さすがパリ、おしゃれです。

 

これがオランジュリー美術館。

入場料は9ユーロだったと思います。(1000円くらい)

 

ここは モネの睡蓮の絵で有名です。

 

オープン前日の4月4日、

報道の人たちが入る日に 中に入れていただき

初めて海を渡ってきた「海の幸」と対面!

一緒に写真を撮ることができました。

(期間中は撮影は禁止になります)

 

見慣れている「海の幸」がとても小さく見えるほどの

大きなスペースに飾られていました。

それも入り口の正面に たった一点だけ!

日本から運んできた世界的に有名な76点もの

えりすぐりの絵画の中で、

青木繁の作品が 一番最初に展示されているのです。

私は胸がいっぱいになりました。

やっぱり来てよかった!!

 

結核のため 28才で非業の死を遂げた祖父には

やりたいことが山ほどあったはずで

死んでも死にきれないでいることと思います。

その望みのひとつ、パリへ行きたいという夢が叶って

祖父は肩をそびやかして言うと思います。

「ようやくパリに来たよ。100年かかったなぁ・・・」と。

 

4月5日の夜は 木寺フランス大使から

大使公邸のレセプションにお招きを受けました。

うれしいお誘いに 二人でおめかしをして出かけるところです。

(ホテルアベイの前で)

日本とフランスの いろいろな方々をご紹介いただき

夢のように感動的な夜でした。

 

あれから1ヶ月あまり。

会期は8月20日までという 長期の展示ですが、

毎日3000人を越す入場者があるというニュースを

日本の新聞で読みました。

大成功です!!

あの絵の具の足りない「海の幸」が

パリっ子の心を動かしただなんて

なんと表現したらいいか分からないほどうれしいです。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 21:04 | comments(0) | - | ↑TOP
青木繁 海の幸記念館へ行きませんか

ちょっと パリの話を中断して ご案内をします。

 

千葉県館山市の南端の町の布良(メラ)にある

100年ほど前に 青木繁が「海の幸」を描いた家が

いろいろな方々のお力を借りて 記念館になってから

丸一年が過ぎました。

 

この連休を利用して 記念行事をなさるときいたので

来館して下さった方々に お礼の気持ちを込めて

娘がデザインしたグラスを差し上げてほしいと申し出たところ

館長の小谷さんが とても喜んで下さり

私の蒐集したピエロ人形の一部を

そこに飾らせていただけることになりました。

 

違和感があるのではと 心配になりましたが

たまたま板の間にあった陳列棚に飾ってみると

これもありかなと思える空間が出来上がりました。

20年ぶりに陽の目を見た 20体のピエロたちが

のびのびと嬉しそうに そこに納まっているのを見て、

なにやらホッとした私でした。

 

こちらのよせがきノートに 遺族としてお礼を書きましたら

館長さんが 拡大コピーのパネルにして 壁にかけて下さり

赤いリボンで飾っていただいて けっこうはずかしいですが

100年ばかり前に 青木たちがどのくらい小谷家のお世話になったか

そのおかげがあって 名作海の幸が出来上がったということなので

すなおな気持ちでお礼を書いたものでした。

よかったら 読んで下さい。

 

きのうは娘と孫たちをつれて行き、

青木が海の幸をイメージした砂浜を一緒に歩きました。

100年たっても何も変わらない太平洋の

荒波と戯れて大喜びしている孫たちを見て、

100年という歴史が 長いような短いような

不思議な気持ちになりました。

 

この風景は青木の「海景」という作品に似ています。

 

青木繁「海の幸」記念碑です。

 

さて 皆さん!

布良に行ってみませんか。

バスタ新宿から「館山行き」のバスで約2時間。

片道2500円です。

 

館山駅

 

駅前の中村屋での朝食がおすすめです。

1人前360円でコーヒー付き、

スープはおいしいので足しました(+200円)

モーニングサービスは 12:00PMまでなのです。

 

ここから「自然安房村」行きのバスで15分、

400円くらいです。

バス停のすぐそばに 記念館があります。

入場料は200円。

 

青木繁、たね、坂本繁二郎、森田恒友という

はたちをすぎたばかりの画学生の4人が、

2ヶ月もの間 過ごさせていただいた部屋です。

 

お庭でおいしい”ところてん”が食べられます。

会期中は お花も野菜も売っています。

 

通常は 土曜日曜のみの開館で、

小谷館長ご夫妻の丁寧な説明があります。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 14:37 | comments(1) | - | ↑TOP
布地屋さんを さがしました。

私の親友に ワンピースを作ってもらうことになっていて

せっかくなら パリで布地をさがしてくればということになり

パリに40年住んでいる エマさんに案内してもらいました。

 

布地を売っている店は 昔は多かったらしいですが

今は洋服を仕立てる人が減っているため

布地を専門に売っている店は 殆ど無くなったようで

エマさんの記憶を頼りに タクシーであちこちたずねたら

ついにありました!

ブティックのように見えますが 布地屋さんです。

 

日本でも布地屋に行ったことが無い私は 感動しましたが、

布地は結構お高いものなんですね。

ユーロを換算しながらビックリ!

 

幅はすべて 1メートル40センチです。

友人から1着につき4メートルと言われているので、

薄手のものと 厚手のものと 2着分買いました。

 

いつか出来上がって着ることがあったら 写真にしますネ。

 

次はボタンです。

ここは有名な店のようで

びっしり飾られたボタンに 圧倒されました。

 

「ミナコさーん」とあちこちから呼ばれて

相談にのっている女性は 日本の人で ここに7年いるそうです。

ボタンは 7個必要といわれているので、

布地を見せて デザインを話すと 的確に選んでくれました。

ミナコさんは大人気の ボタンのプロです。

 

厚手の生地を買ったので 着られるのはまだ先のことですが、

パリで買ったと思うと 考えただけでうれしくなります。

 

ホテル アベイの前にある 帽子屋さん。

たまたま止まっていたのでしょうが、

ピンクの車が まぁなんとおしゃれなこと。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 16:09 | comments(1) | - | ↑TOP
サン・ジェルマン・デ・プレ界隈

日本との時差は8時間で

飛行機の中でよく寝たので けっこう元気です。

 

ノートルダム寺院

車の窓から なにげなく撮ったのに

大きな鳥が写っていてびっくり!


 

サン・ジェルマンのシンボル

サン・ジェルマン・デ・プレ寺院です。

迷子になった時 目じるしになります。


 

夕方7時でも まだ明るいのですが、

お店は殆どが6時に閉まるので

ウィンドウショッピングをしてみました。
 

おもちゃ屋さん?赤ちゃん用かなあ。

 

ここもかわいいです。

 

ル・クルーゼのおなべもおしゃれです。

 

ここはカードの専門店なのでしょうか。

 

靴屋さんのようですが。

 

バッグ屋さん。

 

アラン・デュカスのチョコレート店。

秋に日本でお目見えするらしいです。

イースターが近いので、玉子のチョコがあります。

 

すっかり日が暮れました。

カフェは満席です。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 14:43 | comments(1) | - | ↑TOP
ブログ、遅くなりましたが再開です

4月3日(日)、AM11:20のANA便で

パリに発ちました。
 

5年ぶりの外国なので 不安になり

2日にANAの担当の方へ電話をして

タクシーをどの辺に止めればいいかをきいたら

「羽田は成田ほど広くないので すぐ分かりますよ」

と言われて まあなんとびっくりしたことか!!

私たち夫婦は その時まで成田発と思い込んでいたからです。
 

今はパリ行きの直行便は全部 羽田から出るのだとか。

電話をしなかったら 飛行機に間に合わなかったわけで・・・。

ハナから失敗で 先が思いやられます。
 

というわけで 羽田国際空港から出発しましたが、

何から何まで新しくて なんと美しいこと!

勿論分かり易くて 大助かりでした。
 

ここは143の搭乗口です。


 

3日の夕方 無事にパリ着。

シャルルドゴール空港です。パリも晴。


 

これから先は ガイドのエマさんが一緒なので安心です。

ホテルはサンジェルマンのホテルアベイ。


 


 

昔、エマさんに紹介してもらったこのホテルを

私たちはとても気に入っていて

5年前まで毎年のようにお世話になっていました。
 

朝食はここで。小さな庭があります。


 

ここに宿泊した人しか食べられませんが、

ここのクロックムッシュとスープがおいしいです。


 

だんだんヨーロッパの世情が悪くなってきて

外国旅行は主人の嫌うところとなり

5年間もパスポートを使うことがありませんでした。
 

今回「海の幸」の晴れ姿を どうしても見たくて

主人を説得して パリ行きが決まったのでした。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 10:31 | comments(1) | - | ↑TOP
大変ごぶさたしました。

私はなんとか元気にしておりましたが、

昨年の暮れに 主人が帯状疱疹にかかり入院して、

その後の自宅療養にけっこう時間がかかり、

ようやく今、元通り店に出られるようになりました。

 

そのうえ 愛用のカメラが故障などという事件も起きて、

ブログがのびのびになっていました。

 

いつもの荒木町の桜が満開になったところで、

今日から気持を一新して はじめたいと思います。

 

 

この「高遠小彼岸桜」は いつもきれいです。

この桜が散ったころ、そめいよしのが満開になります。

 

先日の連休を利用して、陸前高田へ

恒例の桜を植えに行きました。

うちのメンバーは15人でしたが、

今年は京都の堀川高校と 奈良の西大和学園の生徒さんが

なんと50人も来てくれて、穴掘りを手伝ってくれましたので、

いつもの年よりとてもラクで、ほんとうにうれしかったです。

 

その翌日、大槌町へ行き、

かさ上げしてきれいになった町を見ましたが、

震災で出て行った若い人が戻って来ないために、

三割ほどしか家は建っておらず 淋しい気持になりました。

 

何か力になりたいと思い、ここの漁協から

ホタテ貝とカキとわかめを仕入れることにしました。

ホタテもカキも びっくりするほど大きくておいしいし、

わかめの香りと歯ざわりの良さには感動します。

ぜひ召し上がりに来て下さい。

ひょっこりひょうたん島へ行く海の中の道で記念写真です。

 

さて 明日から1週間 主人と二人でパリに行きます。

オランジュリー美術館に 青木繁の「海の幸」が展示されるからです。

青木繁は私の祖父で 28才で亡くなりましたが、

パリに行きたくても 貧困で行けませんでした。

その祖父の代表作がパリに行くことになって、

こんなにうれしいことはありません。

どうしても その展示を見たいので、行ってきます。

早速にお休みしてすみませんが、来週この様子をおしらせします。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 22:39 | comments(2) | - | ↑TOP
「おいしいメロンパン」という名前の店

雑司が谷というところに この店があります。

 

これは 都電の「雑司が谷駅」。

この駅の踏み切りのすぐそばにあるのです。

 

こちらが池袋方面で むこうに見えるのは

サンシャインビルです。

 

ここはメロンパン専門の店で

数種類のメロンパンがありますが、

私はこのプレーンのメロンパンが大好きです。

ふつうのメロンパンより少し大きめで 1コ 170円!

カリッとして ほんとうにおいしいのです。

自宅より遠いので 息子が車に乗せてくれる時しか行けませんが

いつか時間ができたら 都電に乗って行きたいと思います。

 

12月4日(日)の「バンキシャ」でとり上げていただいてから、

連日 大勢のお客様がおみえ下さり

うれしい悲鳴を上げております。

ノートのことを知らない方がとても多くて、

毎日のように ご説明しているのですが、

やはりトシで、人手不足もあって疲れ果てており

風邪も足も完治しておらず 何をする元気もありません。

 

秋ごろからのことで 紹介したい写真などが山ほどあるのですが

今年はこのへんで ちょっと小休止です。

ただ あんまり美しいものとか

ちょっとみなさんに知らせたいこととかあった時は

号外ブログです!!

 

年が明けて 元気になって余裕ができたら

私の大好きなブログを続けます。

それでは 良いお年をお迎え下さい。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 17:22 | comments(1) | - | ↑TOP
銀座のクリスマスをすこし

銀座4丁目の 和光の玄関です。

 

ここの今月のショーウインドウは 白くまの親子です。

つい足をとめて、ニコッとしてしまいます。

 

天賞堂の天使も健在です。

 

バッグ屋さんです。

ボトルが置いてあるだけですが、なにやらX'mas。

 

カゼは大分よくなりました。

段差の打ち身は 左足がものすごいアザで、

痛いですが 歩行に支障がないため

店は休まず出ています。

けっこう元気です。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 17:19 | comments(1) | - | ↑TOP
「バンキシャ」の放映のおしらせ

日本テレビの夕方の報道番組の

「バンキシャ」の中で「高校よせがきノート」が

取り上げられることになりました。

 

今週の日曜日(12月4日)の6:00PMから、

同窓会を話題にした10分間の中でご紹介下さるようで

大事件が無い限り 放映されるそうなので、

見て下されば幸せです。(全国ネットです)

 

又 12月3日号の「東京人」という雑誌にも

よせがきノートとお料理が紹介されています。

内緒で立ち読みして下さい。

 

ところで私はきのう 銀座のおしゃれな喫茶店で

派手に転んで 少々不調です。

 

お茶を飲み終って 主人が先に外に出ていて

お勘定をすませた私が あとから出ようとした時、

ドアが引き手ということに気をとられて

10センチもの段差に気がつかず

両ヒザから つんのめるように派手に倒れて

もう少しでドアガラスに頭をぶつけるところでした。

 

いつもなら助け起こしてくれる主人が外に出ていて、

手が借りられないので なんとか自力で立とうとしますが、

ヒザが痛くて なかなか立ち上がることができません。

 

モゾモゾしながら なんとかバッグとコートを拾って

手をついて ようやく立ち上がって

びっこをひきながら外に出ました。

その間 2分間くらいでしょうか・・・。

 

びっくりしたのは 4〜5人もおられた従業員さんが

どなたも全く無視であったこと!

もしかしたら 毎日のように段差で倒れる人がいて、

助けることはしないという 決まりになっているのかも。

 

メチャはずかしくて とても淋しい気持になった事件でした。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 17:40 | comments(1) | - | ↑TOP
明治神宮外苑の いちょう並木

雪も降ったし 枯葉が散っているのではと心配になって

又 息子に頼んで 車に乗せてもらって様子を見に行きました。

26日(土)のお昼ごろです。

まぁなんと あざやかな黄色!

 

車は通れなくなっていて、

駐車場に入る車が 列を作っていますが、

少しずつしか動かず 途中で諦める人もいます。

 

左の奥の方が 絵画館です。

 

右は青山通りです。

 

近いうちに ウィークデーにまた来たいと思います。

強風が吹くと あっという間に散ってしまうので、

みなさんも早いうちに 行ってみて下さい。

今がおすすめです!

| おかみ | おかみの日々徒然 | 15:23 | comments(1) | - | ↑TOP
sun mon tue wed thr fri sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>