おかみの日々徒然

新橋 有薫酒蔵 おかみのブログ
国内歴代最高年齢 更新

という見出しで迎えた敬老の日でした。

117歳の田中力子さんは 明治36年生まれ。

なんとまあカクシャクとされているのにびっくりです。

 

今や 100歳以上の方は 8万人おられて

そのうちの90%が女性なのだそうです。

どうして女性が長生きするのかなぁ。

 

高齢者というのは 65歳以上のことだそうで

今年は 3617万人と過去最多になり

女性は3人に1人、男性は4人に1人が

高齢者になるのだそうです。

 

又 70歳以上の就業者の割合は 17.2%で

5〜6人に1人は働いているということなので

私共夫婦も まだまだ仕事ができるということです。

80歳の主人などは あと37年あると言っています。

 

私が生まれたのは 昭和19年の戦時中で

「よくそんな時に生まれたね」などと言われましたが

こればかりは私の責任ではなく・・・。

それよりも あの食べ物の無い時に

苦労して食べさせてくれていた

父母や祖父母に 心から感謝しています。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 20:55 | comments(0) | - | ↑TOP
東京駅

このあいだの日曜日の夜8時ごろ

ここは東京駅の一番 大手町寄りの入口になります。

 

日本橋口という名前がついていて

遠距離のバスが到着するところになっています。

それにしても 人の少ないこと・・・。

 

ここは丸の内口になりますが、

この「ふくらむちゃん」の写真を撮ろうとしても

いつも人並みをかき分けながらなので あきらめていましたが、

こんなにすっきりとした「ふくらむちゃん」を撮ったのは はじめてです。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 17:06 | comments(1) | - | ↑TOP
八重洲口

八重洲口の地下街に

マスクの専門店ができたというので

主人を説得して行ってみました。

 

簡単に行けると思ったら とんでもない!

住所としては

八重洲外堀地下2番通りB1

 

あちこちにある地図を見ても

今 自分たちがどこにいるのかすら分からず

ようやく警備員の人をみつけてきいてみたら

「あ、すぐそこだけど、いっぱい並んでるよ・・・」

 

その日は時間がないので 改めて出直すことにしました。

 

大丸デパートの12階に上がってみたら

まぁ 八重洲口がよく見えること!

左の高い二つのビルは 高島屋デパート。

右の高いビルは アーティゾン美術館が入っているビルです。

海のほうには入道雲がムクムク湧いていました。

 

左の方を見ると ビルとビルの間に

スカイツリーが見えました。

ついさがしてしまいますねぇー。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 16:11 | comments(2) | - | ↑TOP
虎ノ門駅のこと

地下鉄 銀座駅の虎ノ門駅が

広々として 全く違う駅になりました。

 

以前の虎ノ門駅をご存知の方は

私同様 とてもびっくりされていると思います。

ホームもこの3分の1ほどの広さしかありませんでしたから・・・。

 

改札口です。

 

レモンイエローの電車が来ました。

 

ここは 渋谷行きのホームで

向かいのホームは 浅草行きですが

そこは昔のままで 改修をしていないので

新と旧の差が メチャ激しいです。

 

改札口を出たら この道が続いています。

どこまで行くのだろうと思うような

まっすぐで すっきりした長い通路です。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 18:27 | comments(1) | - | ↑TOP
アゲハ蝶

我が家の近くに ネコの額ほどの

雑草が茂っているところがあります。

さっき通りかかったら

小さい白い蝶々がいたのです。

 

この暑いのにと思って写真を撮っていたら

どこからか アゲハ蝶がやって来ました。

 

うれしくなってカメラを向けたら

まあこんなに羽根を広げて

すばらしいデモンストレーション!

 

そのあとは セミのように木に止まってから

すぐにどこかへ行ってしまいました。

 

ここにはネコジャラシもあって

私の大好きな雑草地帯です。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 17:54 | comments(1) | - | ↑TOP
東京タワーに行きました

美しくライトアップされている東京タワーを見て

なにやらホッとするのは 私だけではないと思います。

少なくとも主人は 東京タワーが出来た年に

福岡から上京したので 人様よりも思い入れが強く

スカイツリーよりも 東京タワーの方が好きだといいます。

 

このあいだの月曜日に

用事があって近くまで行ったので

ちょっと中に入ってみようということになりました。

主人も私も いつでも行けるような気持があったので

一度も中に入ったことがありません。

 

足元から見上げてみました。

日頃見ているのとは違うタワーのような気がします。

 

外には 縁日のためのブースがあって

冷たい霧の水が噴出していましたが、

あんまりヒヤリとしませんでした。

 

この日は 月曜日のお昼ごろで だれもいませんでしたが

ここは展望台に上がるエレベーターで

きのうの日曜日は 観光客が並んだのでしょうね。

 

おみやげ物屋さんも ほんとに静かです。

「東京バナナ」は売り切れの貼り紙がありましたが、

きのう売り切れたということかなぁ・・・。

 

私はここで 友人たちにおみやげを買いました。

みんなきっと喜んでくれると思います。フフフ・・・。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 17:17 | comments(1) | - | ↑TOP
お花屋さんです・・・。

ダリヤです

 

百合です

 

白いバラです

 

 

 

ここはお花屋さんですが 全部造花なのです。

 

東京堂という 大きな造花のお店ですが、

さわってみないと 本物がどうか分からないほど

ほんとうに よく出来ています。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 18:06 | comments(1) | - | ↑TOP
有薫酒蔵にピエロを展示するということ

コロナのために どんどんお客様がおみえにならなくなって

ソーシャルディスタンスなどと言わなくても

店の中はガラガラで とてもゆったりしています。

 

「ここでは 絶対にコロナにかからないネ」と

ほめて( ? )下さったお客様もあります。

 

その空いているテーブルを利用して

私のコレクションを並べさせていただくことにしました。

世界中のピエロの人形です。

 

どんなに悲しくても笑顔を作って お客を笑わせようとする

そのけなげさが なんともいとおしくて集めはじめ、

60年間で なんと1000体を越してしまいました。

ほんとうは ピエロの美術館を作りたいと

常々思っているのですが 簡単に実現できるものではなく・・・。

この機会に 少しずつ皆様に見ていただきたいです。

 

純和風の店にピエロなどと ミスマッチではありますが、

コロナのおかげで展示する場所が出来たので

これから有効に使わせてもらおうと思います。

 

とりあえず 自宅で出番を待っていた

1センチから1メートルのピエロのうちから

はじめて外出するものや 人気のものを選んで

店まで4人がかりで運んできました。

 

リヤドロのピエロと子供たち

初めて家から外出しました。

20kgあります。

 

ポーカーをするピエロたち

 

うさぎをかわいがるピエロ

 

まだ置いてあるだけですが

これからキャプションをつけたり グッズを並べたり

私にとって うれしくてたまらない毎日になります。

ぜひ見に来て下さい。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 21:11 | comments(3) | - | ↑TOP
「バルク」ってなに?

昔 ドラッグストアだったところに 新しい店ができたようで

主人と二人で なんとなく入ってみました。

よくきいてみれば 1年ばかり前に開店したそうで・・・。

 

オーガニックスーパーマーケットで フランスで誕生、

店の名前は「ビオセボン」(Bio c' Bon)で

「オーガニックっていいね」という意味だそうです。

 

これが バルクと呼ばれるものでした。

ドライフルーツや豆類を 量り売りするのだそうです。

ほとんどカタカナです。

 

 

 

私たち夫婦のように やり方を知らない人のために

分かりやすい表示がありました。

 

オーガニックにあまり興味が無いので

その日はバルクにトライしませんでしたが、

代わりに素朴なクッキーを買ってみたら

ミルクの香りがして サクサクとおいしくて

体によいものを食べているような気がしました。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 20:26 | comments(2) | - | ↑TOP
策(ムチ)の池のスッポン

荒木町に江戸時代から存在するという

小さいですが古い池があります。

徳川家康がその昔 ムチをここで洗ったのが

「策の池」の名前の由来とか。

 

10メートル前後しかない池ですが

永い間 水が枯れたことが無いそうで

亀とスッポンが数えきれないほどいるのです。

 

足音がすると 甲羅干しをしていたカメとスッポンが

危険を察知して いっせいに水にとびこみます。

この池には 大きな黒い鯉がうじゃうじゃいるので

カメたちがとび込むと 浅い池の中は大騒ぎになります。

 

このデカいスッポンは多分 この池の主です。

背丈は50センチ、ヨコは30センチくらいでしょうか。

私が近づいて来たので ほんとうはとび込みたいけれど

トシをとっていて 動きが敏捷ではないので

私に睨みをきかせているのです。

どのくらい昔からいるのでしょうか。

風格のある 歴史を感じるスッポンです。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 17:18 | comments(2) | - | ↑TOP
sun mon tue wed thr fri sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>