おかみの日々徒然

新橋 有薫酒蔵 おかみのブログ
「海の幸」の緞帳のこと

福岡県久留米市の旧市民会館に

青木繁の代表作「海の幸」の緞帳(どんちょう)があります。

緞帳とは 劇場などにある 巻き上げ式の豪華な幕のことです。

 

その緞帳が出来た1969年 (今から48年前)、

父の福田蘭堂に「じいさんの緞帳を見に行ってみないか」と誘われて

主人とヨチヨチ歩きの長男も一緒に 久留米市民会館へ行きました。

 

当時1500万円かけて 市が京都の業者に発注したそれは

タテ 7.4メートル、ヨコ 19.5メートル、重さ 1.3トン、

200色の糸を使い、延べ1500人の職人が

10ヶ月かけて作ったという それは立派な堂々たるものでした。

 

おろしてもらった緞帳を見た父は 息を呑んで、

「こんな緞帳は見たことがないよ!あの絵そのまんまだ。

 じいさん うれしいだろうなぁ」と言い、

私の顔をのぞき込んで 来て良かったなと言いました。

 

当時 京都でも この緞帳のことが話題になり、

今でも その時のことを憶えている人がおられるのだそうです。

 

先ごろの5月末の毎日新聞に、

この旧市民会館をとり壊して駐車場にするため

この緞帳は 裁断して焼却処分をするという記事が載りました。

 

裁断するのならば 費用は一切私が持たせてもらうので

青木繁と妻たねの顔の部分だけでも

切りとらせていただけないだろうかと思い、

久留米市の文化振興課に電話をかけてみました。

 

回答は「不可能」。

劣化が激しくて カビやダニやホコリがたまっていて

作業時に健康被害を招きかねないという理由でした。

その後も数回交渉しましたが、1ヶ月前 最終通告をもらってしまい

その時の理由としては 緞帳が巻き上げてあり

それを降ろすための電源が切れていて

降ろすことができないので 不可能ということでした。

 

細かく切らなければ 焼却炉に入らないのだから

一度降ろさなければ 裁断できないわけで

その時に せめて青木とたねの顔の部分だけを

残させてもらいたいと懇願しましたが きいていただけませんでした。

 

千葉県の館山にある 青木繁が「海の幸」を描いた

二人が一番幸せな日々を送った家(今は記念館になっています)に

それを額装して 贈りたいと思ったのでしたが・・・

ほんとうに残念で仕方ありません。

 

青森県弘前市の市民会館のことを 毎日新聞で読みました。

2013年に市民会館を改修した際

棟方志功がデザインした 半世紀前の緞帳と同じものを

3675万円かけて作り、古い緞帳も史料的な価値があるとして

改修後の市民会館で保存してあるのだそうです。

うらやましい話です。

久留米の新しい市民ホールは 巨大なものなので、

弘前市のような配慮はあっても良かったのでは・・・。

 

今 青木繁の絵は パリのオランジュリー美術館で

毎日3000人もの人を感動させています。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 22:14 | comments(3) | - | ↑TOP
つづき  京都府立植物園

植物園の中には こんなに美しい池があります。

 

ここにそそぎ込む 小さな川があって

そこで生育しているのが バイカモ。

 

これがバイカモです。キンポウゲ科。

梅の花に似ているので 梅花藻というらしい。

 

皆さんも ようやく花を見つけて写真。

ほんとに目立たない花です。

 

コバノキササゲの花。

私が 素通りしようとしたら 地元の女性が

「この花は撮っておいたほうがいいですよ。

 なかなか見られない花です」と 教えて下さいました。

 

ヒマラヤ杉の大きな新芽。

 

この木は カツラ。

青葉が美しいこと。

 

ここはピザ屋さんですが 植物園の出口にもなっています。

 

時間がなくて ゆっくりお茶が飲めませんでしたが、

次回はピザをいただきたいと思いました。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 15:37 | comments(0) | - | ↑TOP
京都へ(5月16日)

高野山の帰りに寄った京都で

友人のミチコさんにつれて行ってもらったのは

京都府立植物園。

 

「ブルーのけしの花」が咲いているらしいことと

「バイカモ」が10年目にして はじめて咲いた、

ということをきいたので 主人を説得して行くことになり、

花好きの私は ドキドキワクワクしたのでした。

 

ここが植物園の北山門の入口で

北山通りに面しています。

入場料 200円、70才以上は無料です。

開園は1924年(大正13年)

甲子園の6個分の広さがあるそうで

(東京では ドームの何個分というので ちょっと分かりにくい)

約12.000種類の植物があるといわれています。

 

ヒマラヤ杉も ものすごく大きくて

樹の下のベンチは 憩いの場所です。

 

バラ園も広いです。

 

くすのきの森。

木の間を抜けて来る風が 気持ち良いです。

 

向こうにあるのは「観覧温室」

手前の恐竜のシッポのような植物は

「エキウム・ウィルドプレッティ」

一本に 5000個もの花が咲くとか。

 

この温室にあるのは「ヒマラヤの青いケシ」です。

3000メートルを越すところにしか生育せず、

気温も 25℃を越すと 枯れてしまうという

大変にむつかしい条件が揃った高地の花を

平地で育てているなんて 感動です!

たったの2本でしたが しげしげと見てきました。

 

次の 熱帯のブースにあったのが これ!

「ホットリップス」

熱いクチビルと呼ばれているこれは

中南米の熱帯に生育しているそうで

学名「Psychotria poeppigiana」

おもしろいですねぇ。

 

つづく

| おかみ | おかみの日々徒然 | 15:25 | comments(2) | - | ↑TOP
高野山へ

高野山は 主人の母が選んだ終の棲家です。

2009年に母が亡くなってから 年に2回のお彼岸には

高野山へお参りに行くことを決めましたが

世界遺産に指定されてから 大人気のスポットになってしまって

あの狭い山の上が 車や人でものすごく混み合うようになりましたので

数年前から お彼岸が過ぎてから行くようになりました。

 

ところが 今年は毎日のように忙しい日が続いて

ようやく5月15日に行くことを決めました。

これまでで一番遅かったので、

二人がやって来るのを 母が気をもんで待っていたと思います。

 

朝早い6時06分の のぞみで新大阪へ。

コインロッカーにスーツケースを入れようと

説明書を見ながら 二人して悪戦苦闘していたら

若い女性が「お手伝いしましょうか」と 声をかけて下さり

あっという間に閉めて下さったのです。

有難くて 二人で深々とおじぎをしました。

 

ようやく地下鉄に乗って「なんば」の駅へ。

高野山行きの特急は1時間に1本しかないので

先ず切符を買っておかなければなりません。

片道ひとり3000円ぐらいです。

そこで 時間までゆっくりお茶ができることになるのです。

 

10時ちょうどの南海電車の高野号に乗って1時間半、

極楽橋駅が終点です。

電車を降りたら 急ぎ足でロープウェイに乗らないと、

乗客が殺到するので あっという間に座席が無くなります。

乗っているのは たったの5分間なのですが、

急勾配なので だれもが座りたいところです。

 

高野山駅は 標高約1000メートル。

駅を出ると 少し肌寒く感じますが、

ここには 20万基とも言われるほどのお墓があるそうで

” 気 ” があふれていて いつも背中がピシッとします。

 

5月に入っての高野山は はじめてで、

なんと 満開の石楠花を見ることができました。

北条政子が建立した 金剛三昧院が

今一番美しいときいたので 訪れてみました。

 

いつもは拝観料は払わなくていいのですが、

この時期には 500円必要です。

入り口で 腕輪のお守りを下さいました。

 

母の墓参りをすませて

名物のやきもちを食べに行きました。

1人前 2コで300円くらいだった気がします。

 

帰りは2時14分の電車に乗りました。

こんな小さな駅にも 石楠花が咲いています。

 

ぐうぐう寝て 終点のなんば駅着は4時です。

あのスーツケースを おかげさまで難なくとり出してから

地下鉄で新大阪の駅に向かい

新幹線の自由席に乗って15分、

その日の泊まりは 京都でした。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 17:34 | comments(1) | - | ↑TOP
もうちょっとパリを

「サンジェルマンでハンバーガーを食べない?」

と、エマさんが言うので、ランチに行こうということになり

昼前に予約をしてもらいましたが 大人気だそうで、

午後3時なら なんとか大丈夫と言われて

その日は遅いランチをとることになりました。

 

そのレストランの名前はRalph's。

アメリカのラルフローレンの店ときいて

パリにハンバーガー屋さんがあるということが

決して不思議なことではないけれど、

もしかしたら ミスマッチなのでは・・・

と思いましたが、そんなことはありませんでした。

 

私たちが泊まっていたホテルアベイのすぐ近くでしたが、

建物の奥まった中庭にあるのだそうで、

外からが殆ど見えません。

ここが入り口です。

 

一歩中に入ると 中庭は まるでルノワールの絵のようです。

 

レストランも こんなにすてきなのですが、

中庭の方が とても人気があるそうです。

この日も まだ待たなければならないというので、

私たちは 建物の中でお食事することにしました。

 

これは ベーコン付きのハンバーガーで、

30ユーロ(4000円)ぐらいでした。

おいしかったのですが、ベーコンが固くて食べにくかったので

ちょっと残念!

 

主人のお好みはサンドイッチ。

とてもおいしかったそうで その上

どれにもポテトフライがついていて 主人は大喜びでした。

 

ちょっとお高い店ですが、とてもオシャレなので

フレンチの合間に 一度出かけてみてはいかがですか。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 20:48 | comments(1) | - | ↑TOP
パリに戻ります

「東京ーパリ

 ブリヂストン美術館の名品ー石橋財団コレクション展」

という やや長い名前の展示が 4月5日、

パリのオランジュリー美術館で開催されました。

 

この美術館は とても小さいですが 国立の美術館で、

コンコルド広場にあります。

 

ここはコンコルド広場で 向こうにエッフェル塔が見えます。

 

最近 ここに移動式の大きな観覧車ができて

パリっ子のあいだでは 眉をひそめる人も多いのだとか。

 

あの長い名前の看板です。

さすがパリ、おしゃれです。

 

これがオランジュリー美術館。

入場料は9ユーロだったと思います。(1000円くらい)

 

ここは モネの睡蓮の絵で有名です。

 

オープン前日の4月4日、

報道の人たちが入る日に 中に入れていただき

初めて海を渡ってきた「海の幸」と対面!

一緒に写真を撮ることができました。

(期間中は撮影は禁止になります)

 

見慣れている「海の幸」がとても小さく見えるほどの

大きなスペースに飾られていました。

それも入り口の正面に たった一点だけ!

日本から運んできた世界的に有名な76点もの

えりすぐりの絵画の中で、

青木繁の作品が 一番最初に展示されているのです。

私は胸がいっぱいになりました。

やっぱり来てよかった!!

 

結核のため 28才で非業の死を遂げた祖父には

やりたいことが山ほどあったはずで

死んでも死にきれないでいることと思います。

その望みのひとつ、パリへ行きたいという夢が叶って

祖父は肩をそびやかして言うと思います。

「ようやくパリに来たよ。100年かかったなぁ・・・」と。

 

4月5日の夜は 木寺フランス大使から

大使公邸のレセプションにお招きを受けました。

うれしいお誘いに 二人でおめかしをして出かけるところです。

(ホテルアベイの前で)

日本とフランスの いろいろな方々をご紹介いただき

夢のように感動的な夜でした。

 

あれから1ヶ月あまり。

会期は8月20日までという 長期の展示ですが、

毎日3000人を越す入場者があるというニュースを

日本の新聞で読みました。

大成功です!!

あの絵の具の足りない「海の幸」が

パリっ子の心を動かしただなんて

なんと表現したらいいか分からないほどうれしいです。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 21:04 | comments(2) | - | ↑TOP
青木繁 海の幸記念館へ行きませんか

ちょっと パリの話を中断して ご案内をします。

 

千葉県館山市の南端の町の布良(メラ)にある

100年ほど前に 青木繁が「海の幸」を描いた家が

いろいろな方々のお力を借りて 記念館になってから

丸一年が過ぎました。

 

この連休を利用して 記念行事をなさるときいたので

来館して下さった方々に お礼の気持ちを込めて

娘がデザインしたグラスを差し上げてほしいと申し出たところ

館長の小谷さんが とても喜んで下さり

私の蒐集したピエロ人形の一部を

そこに飾らせていただけることになりました。

 

違和感があるのではと 心配になりましたが

たまたま板の間にあった陳列棚に飾ってみると

これもありかなと思える空間が出来上がりました。

20年ぶりに陽の目を見た 20体のピエロたちが

のびのびと嬉しそうに そこに納まっているのを見て、

なにやらホッとした私でした。

 

こちらのよせがきノートに 遺族としてお礼を書きましたら

館長さんが 拡大コピーのパネルにして 壁にかけて下さり

赤いリボンで飾っていただいて けっこうはずかしいですが

100年ばかり前に 青木たちがどのくらい小谷家のお世話になったか

そのおかげがあって 名作海の幸が出来上がったということなので

すなおな気持ちでお礼を書いたものでした。

よかったら 読んで下さい。

 

きのうは娘と孫たちをつれて行き、

青木が海の幸をイメージした砂浜を一緒に歩きました。

100年たっても何も変わらない太平洋の

荒波と戯れて大喜びしている孫たちを見て、

100年という歴史が 長いような短いような

不思議な気持ちになりました。

 

この風景は青木の「海景」という作品に似ています。

 

青木繁「海の幸」記念碑です。

 

さて 皆さん!

布良に行ってみませんか。

バスタ新宿から「館山行き」のバスで約2時間。

片道2500円です。

 

館山駅

 

駅前の中村屋での朝食がおすすめです。

1人前360円でコーヒー付き、

スープはおいしいので足しました(+200円)

モーニングサービスは 12:00PMまでなのです。

 

ここから「自然安房村」行きのバスで15分、

400円くらいです。

バス停のすぐそばに 記念館があります。

入場料は200円。

 

青木繁、たね、坂本繁二郎、森田恒友という

はたちをすぎたばかりの画学生の4人が、

2ヶ月もの間 過ごさせていただいた部屋です。

 

お庭でおいしい”ところてん”が食べられます。

会期中は お花も野菜も売っています。

 

通常は 土曜日曜のみの開館で、

小谷館長ご夫妻の丁寧な説明があります。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 14:37 | comments(1) | - | ↑TOP
布地屋さんを さがしました。

私の親友に ワンピースを作ってもらうことになっていて

せっかくなら パリで布地をさがしてくればということになり

パリに40年住んでいる エマさんに案内してもらいました。

 

布地を売っている店は 昔は多かったらしいですが

今は洋服を仕立てる人が減っているため

布地を専門に売っている店は 殆ど無くなったようで

エマさんの記憶を頼りに タクシーであちこちたずねたら

ついにありました!

ブティックのように見えますが 布地屋さんです。

 

日本でも布地屋に行ったことが無い私は 感動しましたが、

布地は結構お高いものなんですね。

ユーロを換算しながらビックリ!

 

幅はすべて 1メートル40センチです。

友人から1着につき4メートルと言われているので、

薄手のものと 厚手のものと 2着分買いました。

 

いつか出来上がって着ることがあったら 写真にしますネ。

 

次はボタンです。

ここは有名な店のようで

びっしり飾られたボタンに 圧倒されました。

 

「ミナコさーん」とあちこちから呼ばれて

相談にのっている女性は 日本の人で ここに7年いるそうです。

ボタンは 7個必要といわれているので、

布地を見せて デザインを話すと 的確に選んでくれました。

ミナコさんは大人気の ボタンのプロです。

 

厚手の生地を買ったので 着られるのはまだ先のことですが、

パリで買ったと思うと 考えただけでうれしくなります。

 

ホテル アベイの前にある 帽子屋さん。

たまたま止まっていたのでしょうが、

ピンクの車が まぁなんとおしゃれなこと。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 16:09 | comments(1) | - | ↑TOP
サン・ジェルマン・デ・プレ界隈

日本との時差は8時間で

飛行機の中でよく寝たので けっこう元気です。

 

ノートルダム寺院

車の窓から なにげなく撮ったのに

大きな鳥が写っていてびっくり!


 

サン・ジェルマンのシンボル

サン・ジェルマン・デ・プレ寺院です。

迷子になった時 目じるしになります。


 

夕方7時でも まだ明るいのですが、

お店は殆どが6時に閉まるので

ウィンドウショッピングをしてみました。
 

おもちゃ屋さん?赤ちゃん用かなあ。

 

ここもかわいいです。

 

ル・クルーゼのおなべもおしゃれです。

 

ここはカードの専門店なのでしょうか。

 

靴屋さんのようですが。

 

バッグ屋さん。

 

アラン・デュカスのチョコレート店。

秋に日本でお目見えするらしいです。

イースターが近いので、玉子のチョコがあります。

 

すっかり日が暮れました。

カフェは満席です。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 14:43 | comments(1) | - | ↑TOP
ブログ、遅くなりましたが再開です

4月3日(日)、AM11:20のANA便で

パリに発ちました。
 

5年ぶりの外国なので 不安になり

2日にANAの担当の方へ電話をして

タクシーをどの辺に止めればいいかをきいたら

「羽田は成田ほど広くないので すぐ分かりますよ」

と言われて まあなんとびっくりしたことか!!

私たち夫婦は その時まで成田発と思い込んでいたからです。
 

今はパリ行きの直行便は全部 羽田から出るのだとか。

電話をしなかったら 飛行機に間に合わなかったわけで・・・。

ハナから失敗で 先が思いやられます。
 

というわけで 羽田国際空港から出発しましたが、

何から何まで新しくて なんと美しいこと!

勿論分かり易くて 大助かりでした。
 

ここは143の搭乗口です。


 

3日の夕方 無事にパリ着。

シャルルドゴール空港です。パリも晴。


 

これから先は ガイドのエマさんが一緒なので安心です。

ホテルはサンジェルマンのホテルアベイ。


 


 

昔、エマさんに紹介してもらったこのホテルを

私たちはとても気に入っていて

5年前まで毎年のようにお世話になっていました。
 

朝食はここで。小さな庭があります。


 

ここに宿泊した人しか食べられませんが、

ここのクロックムッシュとスープがおいしいです。


 

だんだんヨーロッパの世情が悪くなってきて

外国旅行は主人の嫌うところとなり

5年間もパスポートを使うことがありませんでした。
 

今回「海の幸」の晴れ姿を どうしても見たくて

主人を説得して パリ行きが決まったのでした。

| おかみ | おかみの日々徒然 | 10:31 | comments(1) | - | ↑TOP
sun mon tue wed thr fri sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>